重要性と必要性

良くはならい外壁の腐食

自分の家つまりマイホームはなるべく長く使いたい住まいである事はマイホームの所有者であれば、だれもが考え思う事だろう。特に注文住宅や費用をかけた家なら、そのように思うのは当然な事である。では、知らない間に自分の家に危機が迫っているとしたら尚の事、直ぐに行動し事態を正そうとするのではないだろうか。その点であまり理解されていない場所や範囲の工事がある。それは外壁塗装つまり塗装工事である。この外壁塗装は定期的に行うもので、家のある場所や環境にもよるが、4年から10年に一回は行ったほうが良いとされている工事といえる。特に海の近くでは潮の侵食が激しいため、腐食を防ぐためにもこの外壁塗装は欠かせないものといえる。

外壁塗装の重要性と必要性

このように、外壁塗装を意識して定期的に行う家の所有者も沢山いるが、あまり意識しない人も現実には多い。中には見た目で外壁に傷みが現れない限り工事を行わない人もいるのだ。その場合には、外壁にどんな事がおきているのだろうか、まず人が目で見ることができる範囲は広さや深さに限界があり、気がつくと手遅れであったり、更には定期的に塗装工事をした方が安上がりだったということもありえる。例えば、外壁に見えない亀裂があり、その亀裂から雨水が浸入していたとしたら、気がついた時には、家の内部に腐食が進んでいて、修復にはかなりの時間と費用が必要となる可能性もでてくる。そう考えると定期的な外壁塗装は、ある意味では家につぎ込む投資のようなものである事がわかるだろう。では、外壁塗装を定期的に行い余分な失費を減らす努力をしてみてはどうだろうか。