塗料の相性

外壁塗装をやるときの塗料の相性

リフォームをする人が増える中、雨漏りなどの原因から外壁塗装をする人も多いです。ここでは外壁塗装の知識やコツ、注意するところを書いていきます。 外壁塗装をリフォームするときに注意するべきところとして、塗料反発というものがあるのです。以前に外壁に塗られていた塗料との相性で、新しく塗る塗料の耐用年数が違ってきます。ですから、以前に塗られていた塗料とどの程度の接着性があるかを調べることが肝心です。これをやるとやらないとでは、将来雨漏りになりやすいかどうかが変わってきます。 こういった塗料反発を気にせずにやる場合は、古い塗料を全部取り去ってから新しい塗料を塗るというものです。ただし、この場合は構造体がしっかりしているという前提が必要です。

塗装の前には高圧洗浄をやるべき

いざ外壁塗装する段階に入ったら、高圧洗浄をするべきです。高圧洗浄とは高圧の水を外壁にあてて、汚れを取り去るというものです。 汚れのある外壁では、新しく塗料を塗ったとしても塗料がしっかり接着せずに落ちやすくなってしまいます。ですから、高圧洗浄をして汚れを取り去り、しっかりと塗料を外壁に接着させることが肝心です。ただし、隣家との距離が近すぎたりして高圧洗浄ができない場合もありますので、注意が必要です。 高圧洗浄をしてもらう場合、ついでに窓のサッシ部分なども洗浄してもらうと良いです。こういった部分は汚れが目立っており、洗浄しないと外壁だけが綺麗になって逆に目立つ可能性があるからです。外壁塗装をしてもらう時は、こういった事柄を注意するべきなのです。